車のローンを払い終えたのですが何か手続きは必要ですか?

くるまの手続は、本当にちょっとしたことでも必要になります。

ここでは、主に普通車(白ナンバー、緑ナンバーのついてる車)の手続きの一例を挙げていきます。

いわゆる、よくあるご質問や事案を、Q&A形式にてまとめています。

Q.普通車のローン支払いが完了、その後の手続きは?

2年前にローンで購入した車両のローンの支払いが完済したのですが、何か手続きは必要でしょうか?

ローン会社より支払い完了の旨、ハガキは届いております。

A.所有権解除の手続きが必要です。

ご質問のケースでは、ローン会社より支払い完了の通知が来ているのみで、手続きはまだ何も進んでおりません。

また、ローンの支払いが終わったとしても、車検証がそれに合わせて自動的に切り替わることはありません。

つまり、ローンを払い終わったとしても、所有権解除の手続きをしない限りは、いつまでも車検証上の所有者は、ローン会社ということになってしまいます。

このため、ローン会社の所有権を外す車検証の変更を行う必要があります。

これを、実務上では所有権解除と呼んでいます。

STEP①ローン会社から所有権解除の書類をもらう

まず、ローン会社から所有権解除のために必要な書類、

印鑑証明書、譲渡証明書、委任状といった書類を取り寄せます。

ローン会社によって、所有権解除に必要な書類を貰うために提出する書類は異なりますが、一般的には以下の書類が提出を求められているようです。

 ローン会社に書類を貰うために提出する一般的な書類
  • 車検証コピー
  • ローン会社より貰った支払い完了通知(完済証明書)
  • 印鑑証明書
  • 実印を押印した委任状
  • 納税証明書コピー
  • 住所変更等があった場合には、それを挙証出来る書面(住民票等)

※各ローン会社によって、上記書類に加えて別途書類が必要になるケースもございますので、詳しくはローン会社にお問い合わせください。

【重要】書類の取得部数にご注意ください!!

ローン会社へ所有権解除を貰う際には、印鑑証明書や実印を押印した委任状等を提出しますが、これらはあくまでも、「ローン会社」へ提出するものであり、ローン会社がお客様の提出した書類を「車検場」に回してくれるわけではありません。

このため、「車検場」提出用の印鑑証明、委任状等が別途必要になります。

印鑑証明等をはじめとした公的書類を再度役所や出張所に取りに行くのは手間ですので、書類取得部数にはお気をつけください。

少なくとも、「ローン会社提出用」、「車検場提出用」の2部は必要になるということです。

STEP②ご自身の書類を準備する

ローン会社から書類を取り寄せる事が出来たら、

ご自身の印鑑証明書、実印(手続きを誰かに依頼する場合は委任状に実印押印)、車検証原本を準備します。

先に書かせて頂いた通り、ローン会社提出用の印鑑証明等を取得する際に準備しておくと楽です。

ご自身が用意する書類 -車検証上の住所氏名に変更なし-
  •  印鑑証明書原本
  • 実印(手続きを誰かに依頼する場合は委任状に実印押印)
  • 車検証原本(車検証の有効期間が残っていること)

車検証上の住所氏名に変更がなければ、上記書面の準備で足りますが、

ローン支払い完了までに引っ越し等をしていた場合は、

車検証上の住所氏名から現在の住所氏名までを繋ぐ書類(住民票等)、

引っ越し先での車庫証明の取得等、必要書類の追加と手間が増えることになります。(※注)

※実務上は、住所氏名を繋がずとも所有権解除が出来るケースもありますが、準備しておいた方が無難です。

引っ越したことによって、車検場の管轄変更、ナンバーが変更される場合は、お車を車検場に持ち込む必要もありますので、ただ単純にローン会社の所有権を外したいという場合でも、注意が必要です。

STEP③車検場で手続きをする

書類がそろったら、車検場で手続きをします。

手続きする車検場は、「新しい使用の本拠を管轄する車検場」となります。

この使用の本拠というのは、多くの個人ユーザー様の場合ですと、「現在のお住まいの住所を管轄する車検場」ということになります。

(使用の本拠の位置をセカンドハウスに置いている方もいらっしゃいますので、該当する方はご注意願います)

車検証記載のご住所(=お車購入時のご住所)から変更がないユーザー様で、ナンバー変更の予定がないユーザー様については車検証の書き換えのみで手続きが完了するので、お車の持ち込みは必要ございません。

引っ越し等で、車検場の管轄が変更された方、ナンバーを変更したいというユーザー様はお車を車検場に持ち込む必要があります。

ローン完済(所有権解除)時におけるの車検場の手続をサポート

弊所では、練馬車検場への手続きにおける、ユーザー様やディーラー様の所有権解除の手続きをお手伝いしております。

特に、以下のようなお困り事を抱えていらっしゃる方は、行政書士のご利用をご検討くださいませ。

  • ローン会社と自身の書類は揃え、ナンバー変更もないが車検場に行く時間がない…(一般ユーザー様)
  • 練馬管轄内のお客様がローン支払完了、ただ所有権を外すだけだか遠方で行けない(販売店様)
  • 書類は揃えておくが、手続きに不慣れなので、書類作成及び申請代行を依頼したい(一般ユーザー様)
  • 住所変更も絡みナンバー変更がある。車で車検場に行くが、書類作成及び申請代行を依頼したい(一般ユーザー・販売店様)

なお、所有権解除のお手続きに関して上記以外のお困り事の場合でも、お気軽にお問い合わせくださいませ。

弊所にご依頼頂いた場合のお見積り【概算】

所有権解除手続の書類作成及び練馬車検場への申請代行

(ナンバー変更なし)

6,480円+500円(印紙代)
 所有権解除手続の書類作成及び練馬車検場への申請代行

(ナンバー変更あり)

※お車はお客様が車検場に持ち込み

 8,640円+500円(印紙代)

+ナンバー代(一般1,440円~、希望4100円~)

上記お見積りは概算となります。

どうぞよろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせはこちら

1 お電話

お電話(またはメール)にて、各種「車に関する手続き」のご相談を承っております。

2 ヒアリング

お電話でのヒアリングの後、申請書類を送付頂くか、許認可案件等の場合は、面談のスケジュール調整をいたします。

3 申請・手続き

行政書士が車に関する手続きの書類を作成し、申請を代行いたします。

ページトップへ戻る